Unforgettable Days

alaskav50.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 23日

写真展。

先日、久しぶりに思い立って会社帰りに寄ってきました。

f0095713_16492918.jpg


* Fujifilm square (Tokyo Midtown) Roppongi *分割スクリーン入れたら、抜群に平衡とれるようになりやしたw







ふとネットで見かけた記事で気になった、林忠彦賞を受賞した小林勝さんの作品を展示しているとの事で、
早速足を運んでみました。

失礼ながら、小林勝さんという方がどう言った方なのか存じ上げておりませんでした。
今回、いくつかサイトにあった写真に轢かれたのがきっかけです。

いやぁ・・もう私なんかはただ閉口しちゃうばかりで、とても印象的な写真が多かったです。
昨年私も長崎へ足を運んでいただけに、少し身近な視点で見る事が出来ました。

私はおよそ高校生の頃から、殆ど独学に近い、いや下手すると素人以下の知識でカメラを
はじめ、時には人の写真の真似や影響で撮ってみた時期も多々ありました。
笑われちゃいますが、現像後、何枚も真っ黒な写真や真っ白な写真になるなんていう事も多々・・w

その内に自分でも好き嫌いが出たり、「記念」や「思い出」として撮るという写真から、少しずつ、
自分なりに写真を「作品」という意識や観点で撮ろう等と思うようになったのは、ほんのここ数年の事です。

思うに、好きな事を自分の好きな様にやればそれで良い・・って思うんですけど、これがなかなか
そうはいかない。いや、正確にはそれで全く構わないんですが、人の写真を見たり聞いたり、
まぁ興味があれば色々と知ろうとする訳ですが、それが自分にはあまり薄い(甘い?)気が
してならないんです。

だから、いつまでたっても焦るばかりで上達しないし、広がっていかない。(笑

それに比べ、どの世界でも同じですが、私がとても尊敬する人は色々な事を知ってるし、
またこんなボクに色々な世界や物事を教えてくれます。
その度に妙なコンプレックスというか、何だか遠い存在のような気がして。。

そして自問自答する事もよくあります。

そもそも写真に「上達」なんて言葉なんかあるのか?
「上手い・下手」ってどういう意味?とか、
「綺麗・綺麗じゃない」ってどういう意味?とか、
他人のモノ真似になってやしないか?なってて何が悪い?
「記念」「思い出」だって、大いに結構じゃないか!

等等・・噴出すとエンドレスな迷走状態に(笑

まぁ至ってレベルの低い話なんで、そんな事を思うこと自体おこがましい事なんですが(笑

そんな固い話を持ち込まなくても・・とご指摘もありそうですが、要はそんな事を思っている以上、
最近どうもファインダーを覗いていても撮ってみても、行き詰るんです。(笑


閑話休題。


そんなアホウな事を思いつつも、久しぶりに色々な写真を見に行こうと。
結果は見に行って大正解。

タメになった!とか、撮り方や技法が参考になった!

・・というのとは違う気がするんですが、自分にとって何を感じる事が出来たか。
という意味で非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

冒頭にある、小林勝さんは「長崎フォトランダム」として57年間に撮られた12万点中、131点を
展示されていた訳ですが、なんかこう・・私が「作品」というのも軽々しくなっちゃうんですが、
生き字引の様な写真が多いんです。「記録」とも「思い出」とも「作品」とも違う、「小林勝さんの写真」なんです。

「個性」や「オリジナリティー」

なんていう陳腐な言葉では表現できない、もっと撮影者の頭にある広大深遠なイメージが、
写真という物の中に的確に投影しておられました。


少し、何かが変わった様な気がした一日でした。


・・・あ、スミマセン。 こんな所まで戯れ言を読んで頂き(汗
[PR]

by alaska-v50 | 2008-04-23 18:17 | その他  -Other-


<< 食の情景 PartⅠ 【東京・浅草】      unrivaled. >>