Unforgettable Days

alaskav50.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 21日

ハワイノハナシ。

昨日今日で一気に4件UPしちまいましたがw

さてと、本日(この日は18日)のunforgettableな1日。

最近、とある巷を騒がせているYukiさんと初対面の今日。

Whitewild氏の文言にもある通り、こんな日はとっとと私も
仕事を早々に諦め済ませ、汐留の一角で待ち合わせる事に。

えっと・・いたいた、いました♪

勝手ながら予想通り、明るく素敵な笑顔で迎えてくれたyukiさんを見てホっとしましたです(笑

早速お茶でもしながら、どーもどーもと紹介を済ませます。

そしてyukiさんの記事ではHOTな、来月から渡米するハワイの先について、色々
お聞きする事が出来ました。
話をお聞きしていても楽しそうですねぇ・・夢がある女性の瞳は凄いです。

そして写真の話も楽しかったですねぇ。
こちらもうまくいく時ってスムーズにいくんですが、この日は説明が説明になってない(汗
でも既に基礎として欲しい部分をマスターされているYuki嬢♪ コツ的なモノを主体に、
リトル難しい話は飛ばしに飛ばして(笑

問題はYukiさんがあの粗末な説明でわかってくれたんだろうか・・・とw     (←とw ぢゃねーだろ。

*ですから・・匠さん、はよ来てや。。(爆

---

そうこうしている間に、お二人が到着。暫し4人でナンダカンダアレダコレダと話し、ちょっと
小腹がナンテw

今回1つの目的(w)でもある、パフェを喰いに近くの茶寮・都路里へ。

f0095713_1221059.jpg

*W師匠撮影。

奥のH師匠も「懇切丁寧」とはこの事・・と言った感じで撮影のアドバイスをおくりますw

一方メインのパフェも困ったもんで、白玉が・・でもカステラも・・あ、でもこれも良いし
あれもなぁ・・と、パフェのメニューがまた
優柔不断な私を悩ませつつも、良いとこ取りの特選パフェをチョイス。
(確かyukiさんも同じだった気がw) 激しく・美味しく頂戴できました。

ここはいつでも行きたいので、近く行かれる方は是非誘ってください(笑

そして少し落ち着いた後、汐留をちょちょいと懲らしめに参ります。
f0095713_1235100.jpg

そう、今日は週末のEscape weekendのコーナ・・じゃないww

正直なところ、案外近場なはずなのに意外に撮らない(撮れない)汐留。
まだまだ未発掘の場所があると思うんですが、基本的に綺麗過ぎる(整頓され過ぎている?)
場所って、何故か凄く難しいです。
(*「難しい」とは、勝手に私の中で何かが難しいだけなので無視してください 笑)

皆さんじっくりと撮影されています。最初は少し、カメラを色々な場所へ向ける事をためらい
気味のyuki嬢も、最後にはすっかりHENTAX並みの動きに。素晴しいですね♪

今回、補充した方が良いウエポンも少々ありましたので、今度は有楽町の某カメラ屋へ移動。
サクサクとアイテムをGETし、カメラ君の渡航準備は、これで万全でしょうか?

いい加減、お腹が五月蝿く騒ぐので、向かった先はTrattolia LA VERDE 。
美味しいのは勿論、作るの早くてボリュームもあってと、お気に入りのお店です。

f0095713_13212326.jpg

*Yuki嬢撮影の写真を拝借しました。パルマ産の清く正しいプロシュート(笑)です。

しっかりとセージの効いた角切りトマトをたっぷり乗せたブルスケッタ(ブルスケッタ アラ ケッカ )
にHIDEさんのブログでも登場したジェノベーゼ、忘れちゃいけないカルボナーラ
(メチャクチャ厚いベーコンも優秀です)、ポモドーロソースベースの茹でたてニョッキ(舌噛みそうw)にアレコレ・・
って、いつもの調子でガッツキまして、写真忘れちゃいました(汗

食べる撮る喋る笑う飲む。

この繰り返しが、週明けで憂鬱なはずの平日をグっと暖色に変えてくれます。

今回のメインゲスト、Yukiさん有難うございました♪
そして今後も楽しい記事を楽しみにしております!


PENTAX *istDS  DA12-24mmF4 ED AL
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)


*Note
茶寮 都路里 (1区/A街区 カレッタ汐留)
Tel : 5537-2217

Italian Bistro : Trattolia LA VERDE ( 富国生命ビル B1 /有楽町)
Tel : 3213-6996

おまけ
[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-21 22:12 | 人々  -People-
2007年 09月 16日

2007年 竿納め釣行 その3 ~RANGEな1日。~

続いてガンガン参りますw

えっと、以前にもなんか見た記憶がある記事のタイトルなんですが。

昨年はそう、同じ場所でBMW ALPINA B5 な一日でしたが、今回も素敵な車がお宿に♪

f0095713_23584642.jpg

FFマン(でなくてもですがw)憧れの1つ、RANGE ROVER。
砂漠のロールスロイス、なんていう言葉は定番ですが、小さい頃に聞いたのを覚えています。

ボディーカラーはルサーン・グリーンメタリック(と思います)、この色かなりアウトドア色が出ていて良い感じです。
この色合いは、くま屋さんのXC70・HS7コンプリートに近い感じですね。(こっちもこっちでメチャ欲しい!!ww
f0095713_0142637.jpg

しかし内装においては、ワイルドな外観とは全くの異空間。まさに、ある貴族がお外にお出かけ致します・・位のイメージが近いんではないでしょうか(笑

ディスコ3とはまた明確に差別化された最上級SUV・・迫力は凄いですね。
(ディスコ3も大好きなんですが!)
でも、ディスコ3位なら将来ボクにでも・・いや到底厳しいか・・・でも頑張れば・・と、ニヤニヤしながら
考えるのはタダですので、まぁこんなHENTAIはホっといてください(笑

何はともあれのこの1台、乗った時の威圧感と言うか迫力が凄いです。
パワーもさることながら静粛性にも大変ビックリしました。。
f0095713_0234357.jpg


今回のオーナー様は、半分体がイワナなんじゃないのか・・と疑いたくなる位に詳しいM師匠
から、暫し撮影拝借した、名車シリーズでした♪
偶然私と同じ年だったM師匠@美人奥様も、色々と楽しいお時間、有難うございました♪

PENTAX *istDS  DA12-24mmF4 ED AL
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-16 23:00 | 車・くるま・クルマ  -Car-
2007年 09月 15日

2007年 竿納め釣行 その2 ~Buono! Buono!! Buono!!!~

さてと、今回もお世話になったイタリアンレストラン&フライフィッシャーマンズロッジフロンティアのオーナー(通称:山ジィジねw)が作る、
この宿のもう1つのメインでもある豪快・激ウマのイタリアンを、新しく入手したAF280Tをお供に一挙ご紹介♪

f0095713_23375125.jpg

アサリ、ワタリガニ、イカ、トマトのペスカトーレベースに・・
f0095713_23391447.jpg

ガーリックがバッチリ効いたブルスケッタに乗せて。
f0095713_23395257.jpg

サラダも絶品です。
f0095713_23404972.jpg

じっくり煮込まれた柔らかローストビーフ♪
f0095713_23414774.jpg

仕上げはやっぱり私がオーダーしちゃうカルボナーラ(笑)と、
f0095713_23422059.jpg

さっぱり塩味ベースのトマトパスタ。

2日目は・・
f0095713_23431721.jpg

さっぱりが美味しい真鯛のカルパッチョ。
f0095713_2344325.jpg

外はカリカリ、中はモチモチのマリゲリータ♪
f0095713_23453657.jpg

生ハムサラダが冷えた生ビールにもバッチリ!
f0095713_23473974.jpg

隠し(?)スパイスが効いたあつあつトマトチキン。
f0095713_23475575.jpg

〆はじっくり煮込みベースなペスカトーレで!

数々の料理が、心地よく疲れた心と体とは裏腹に内臓(胃w)を刺激しちゃうのです。
感想ですか?勿論、言うまでも無いス!(笑

お師匠、毎度毎度本当に有難うございます!!

お次は本シリーズ最後の番外編ですよ♪

PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena flektogon 2.4/35 + AF280T
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-15 21:00 | 食    -cuisine-
2007年 09月 14日

2007年 竿納め釣行 その1 ~イワナがわっしょい♪~

早いなぁ・・と、もう2007年最後の秋です。

今年も最後の舞台は長野県は白馬に。
間もなく厳しい寒さが訪れる壮大なアルプス山脈を背に、最終釣行(仮w)へと勇み足で参ります。
f0095713_22463856.jpg

日程は計3日間の釣行になったのですが、到着前日までのの予報は2日は70%、最終日は30%の少々不安な天気。。

しかしながら、最終的には結局3日間ともに最高の秋晴れ(時々嬉しい曇り)で釣行する事が出来ました♪
f0095713_22363216.jpg

おかしいな・・日頃の行いは、間違っても良くは無いはずなんですが(爆

本釣行の為に前日まで慌てて巻いた毛鉤は約50本程度。(ま、普通かw)
一応、「何があるかわからないので巻きましたフライ」は内10本位。

今回行った河川は殆どが放流区域外とくれば、3日間めぐり合えたニッコウイワナはまさに
ネイティブで勇ましく、そして愛らしいイワナ達。
まだまだこんな秘境があるんですねぇ。。最初に入った川は、本当に短い区間(500m程度)を釣ったんですが、
釣れ過ぎて前に進めないという素晴しい環境でした♪ ありえないっつーの!(笑

全てUPとはいきませんが、3日間の釣果デス!
f0095713_224947.jpg

渓に入り、さてと・・目の前の小さいプールへワンキャスト・・でいきなりHIT!かなり良い予感が♪
f0095713_22512470.jpg

そしていかにも!な、たった1つ上の棚で泣き尺がドカン!

よそ見してたら前のカミさんもイワナ君をGET♪w
f0095713_22525118.jpg

ナカナカのサイズです。
f0095713_22535150.jpg


小さな巻き返しでも♪
f0095713_22553584.jpg

チャラ瀬だって油断してるとビシッ!w
f0095713_2257160.jpg

う~ん・・この色合いと風合い、ヒレピン具合にホレボレしちゃいます。

彼はちょっと痩せ気味でお疲れでしょうか?
f0095713_2305080.jpg

アベレージで25-27cm前後がビシビシというのは、本当に良い川です。
f0095713_232710.jpg

↓気持ちヤマト寄りのイワナ君?いやいやこれもニッコウでしょうね。↑は、ちょっとお顔がビックリ顔です。ゴメンねぇ。
f0095713_2334357.jpg

3日間、朝から晩までこんな調子♪ 溜まりに溜まったフラストレーションが一気に拡散され、、
正直笑いが止まってません(笑
f0095713_2352388.jpg


爽やかな秋風に吹かれつつの、大満足の釣行でした。

そして、毎晩グッタグタに腹が減りつつ、宿へ帰還。
温泉にじっくり浸かったら、待っているのは・・

お次は、空腹にはやっぱりあのお宿@ボーノ飯♪編です!w


■DATA■ 
★1日目 O川 気温26℃、水温12℃ イワナ30以上 バラシ3。
HITフライ : #14 パラシュート #14 スパイダーフライ #12 カディス

★2日目 H川支流 モーニング 気温23℃ 水温13℃ イワナ5 バラシ1。
HITフライ : #18 CDCカディス #20 CDCアント         
       H川支流 イブニング 気温27℃ 水温未計測 イワナ2。
HITフライ : #14 カディス ONLY

★3日目 H川支流 モーニング 気温24℃ 水温15℃ イワナ9 バラシ1。
HITフライ : #18 アントパラシュート #18 CDCカディス
       N川支流 気温25℃ 水温14℃ 「ボ」(泣 バラシ2。
HITフライ : ・・・HITしてないっちゅーに(爆

*3日間全て、HITしたのはヒレピン&居着きのニッコウイワナ♪




OPTIO W10
PENTAX *istDS  DA12-24mmF4 ED AL
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-14 21:00 | FF雑談/釣り-Fly Fishing-
2007年 09月 13日

やっぱり横浜。

長野最終FF釣行の前に、忘れちゃいけないのを1つ。
記事は新鮮なうちに・・という定説を若干無視してますが、先日の出来事を(笑

パールさんよりお借りした超特急号ピナレロF4:13のタイヤを、レース前に交換した方が良いん
ジャマイカというご指摘を先日の8耐の際にチェック頂き、後日整備でも兼ねて横浜を散策
しちゃおうと言う計画でした。

早速、シロ師匠のご好意により事前に仕入れて頂いたニュータイヤ(+チューブ)を装着
してもらった訳です。
ええ、勿論私がいぢると間違いなく壊す気がしそうなのでやっていただく事にw
f0095713_13122123.jpg

お2人とも素早い素晴しい・・後は体に合わせた調整をチョチョイと済ませ、あっという間に
整備は完了です。

有難うございました!

大桟橋・・の写真はゴメンナサイ。こんなにダメだったのもな位ダメダメでした(汗
この辺はココココココ辺りを見てお許し下さい。

暫し大桟橋を散策後、「ちゃ」でもしながら色々な談笑に耽ります。

しかしさりげなくこのツール。迂闊に近づき難い仕様ですね(笑
f0095713_13224167.jpg

f0095713_1323521.jpg


そうこうしているうちに時間は流れて、近場に出来たというチャリショップを覗きに行きます。
3台でいうのもナンだし・・という話の中で最終的にHIDE号の147に乗せていただく事に。
スミマセン。お店の写真辺りは、チビ助が移動中に寝てしまい抱っこしながら見てましたので
写真がありません(笑

そして再びの大桟橋へ戻る最中、HIDEさんから優しいお言葉を。

「折角なんで横浜散策しましょうか?」

「はい♪嬉しい♪」

あ、この会話、「後ろの席」にいる野郎どもの会話ではなく、カミさんとHIDEさんの会話です(爆
言い遅れましたけれども、助手席に男性なんか乗れません。(正確には乗せません・・らしい 核)

とはいえHIDEさん、納車以来奥様以外を乗せた事が無い様で(と一応、信じておきますがww)
緊張するなぁ・・の一言が笑いを誘っておりましたw
f0095713_13345095.jpg

そうですよね。当然HIDE号の147はMTですし、ここは横浜。
シフトさばきからアクセリングにブレーキング、そして車線変更から全て、ええ、格好よくなきゃいけません。
そしてそれを全てさりげなく、完璧にこなしつつ横浜の街を案内して頂きました♪
HIDEさん、改めまして有難うございました♪
将来、万が一、こんな車を欲しくなってしまった時の勉強になりましたです。
その頃に、カミさん以外のオネイサンが乗っていないように気をつける事も重々。(爆危

まぁシャレですよシャレ(笑                 汗

そしてココに来たからにはの中華街へ、シロ様オススメのお店へと意気揚々移動するのであります♪
f0095713_13372456.jpg

*写真、一切お店には関係ないです(ヲイ

正直、行きたい方は是非シロ様にお聞きしてからにしてください。いや、なんだか教えるのが
勿体無くて・・嫌なヤツですねぇオレって・・(笑
滅茶苦茶美味しいご飯を頂きつつ、この日の午後は素敵に過ぎていくのでした。


PENTAX *istDS  DA12-24mmF4 ED AL
Voigtländer Apo-Lanthar 90mm F3.5 SL Close Focus
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)


<More> F vs V。
[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-13 04:10 | その他  -Other-
2007年 09月 12日

Amazing cloud.

時系列記事を無視しての緊急的夕焼け記事を。
今日は本当に凄かったですね。こんなにカメラを持ってないことを後悔した事もナカナカ無い位のお空でしたねぇ。
偶然ちょい早の仕事帰りにコンデジのみ偶然持参し、これまた偶然車に乗っていたのでした。
f0095713_103365.jpg

PENTAX Optio W10
(Developed by Adobe Photoshop 5.0)

そして明日から遅めの夏休み。
今回は自分だけのEscape weekendという事で(笑

と言う訳で、今年最後のFF@長野へ追い込みに行ってきまーす♪
[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-12 23:13 | 車・くるま・クルマ  -Car-
2007年 09月 06日

Booby Traps.

ベトナムといえば、ベトナムに来たからには。

今でも読み返すことの多いベトナムに関する書籍。
「ベトナム戦記」や「輝ける闇」の開高健、「誤算と誤解の戦場」を書いた松岡 完、
「地雷を踏んだらさようならの」一ノ瀬 泰造、そして映画は沢山有りすぎて・・ですが、
身近にはオリバ-ストーン作の「7月4日に生まれて」や、
Barry Levinsonの「Good morning, Vietnam」
は、当時小学生の頃ながら、衝撃的だったのは今でも覚えてます。

柳田邦夫の「遠野物語」じゃないですが、先に本で読み想像していた場所(舞台)に行くのは
いつもながら程よい緊張感にも包まれます。
ましてそれが今回、ノンフィクションだった訳ですから・・

戦場の傷跡が今でも残っている土地は未だベトナム各地に沢山あります。
今回、ホーチミン中央より40km北北西に位置するCi Chi Tunnel(クチ・トンネル)に念願
叶って行く時間が出来ました。

周辺は田園風景が続く、長閑な場所です。
f0095713_1093833.jpg


鬱蒼と茂る深い森、何も聞こえない、見えない静けさの中に惨状はありました。
f0095713_10135178.jpg

公開している場所には至る所にB52による爆弾の痕。

f0095713_23151564.jpg

トンネルの入り口。カモフラージュしていますが、何処が入り口かわかりますか?
この石のすぐ右にあるのがそうです。(って言ってもカモフラされてるんでわかりませんよねw
監視用に作られたという石の覗き穴は、こうやって撮れば何処にあるのかはわかりますが。。

そして数々の単純で、且つ精巧な罠。実際に使われた場所に今も残っており、この罠は全て
敵に対して致命傷は負わせない。但し、決して逃げる事も出来ない罠ばかりです。
さすがに現場そのもので残っており、写真はこれだけで、後は控える事に。
f0095713_23291766.jpg

(2メートル程度の深さがあり、下には無数の40cm-50cm程度の鋭利な竹があります。)

ヴェトコンが作ったトンネルに入って説明してくれた隊長。(両手を伸ばさないと入る事が出来ない狭い構造になってます。)
f0095713_23313727.jpg


そしてこれは別の一例。さりげなく盛り上がった土の一番左下の横長の穴。これもヴェトコンの監視穴です。
f0095713_23332286.jpg


一帯は主に「鉄の三角地帯」と呼ばれ、他にも地雷原の彼方に広がるジャングルには
彼らの聖地があり、「マキD」、「Dゾーン」、カンボジア国境付近の「Cゾーン」等と呼ばれ、
この広大の影の中に司令部、訓練所、弾薬補給所、保養所、病院、兵器製造所などが無数に
あり、ここでは殆どを見ることが出来ます。

そしていざ、トンネルへ。
f0095713_23514053.jpg

トンネルは地下4m~6m程度まで地中に掘られていて、一番狭い場所では這いずって行ってようやくといった大きさまで。
体格の大きい人間は入ったら最後、抜けるしかありません。当然、方向転換することなど不可能です。
観光向けに入れるトンネルは、こうして灯りもあるし少し大きめに掘っているんだそうです。
それでも、30mのトンネルだけなのに、途中で発狂しそうになりましたけどね(笑

定かではないそうですが、この戦争で作られたトンネルの総延長は数百~数千km以上にもなり、
全てがこれを経由して西へ東へと移動したそうです。

そこで、あの一説をフッと思い出しました。

「この砦(米兵の)は洪水をザルで抑えようとしている。彼らは水田をわたり、夜をくぐる。ジャングルはもうロビンフットの森ではなくて、
マクベスが目撃した森となった。森そのものが流れ、移動し、包囲しているのである。空港、レストラン、警察署、大使館、ホテル、
酒場、お気に召すまま彼らは狙い、成功した。」

「彼ら(ヴェトコン)は市内で警戒(アラート)100%、最高といわれる米軍総司令部の天井に20kgの時限爆弾が仕掛けられると言う事件があった。」

「ビエン・ホエア空軍基地は15分間に87発の迫撃砲をたたきこまれてB52・四十数機が破壊されてしまった。鼠が走っても地雷でフッとぶといわれた
警戒の厳重さであったが、彼らはまるでマシュマロをひねるように原爆搭載用の超重爆撃機群を砕き、1人の負傷者もださずに
おそらくここのジャングルへ引き揚げたのである。」

~新潮社 開高健著 輝ける闇より 抜粋~

暑い、でも暗いこの森に立って、何だか自分もタイムスリップし、この森に迷い込んだような
錯覚さえ感じました。
f0095713_003820.jpg


そして最後に射撃場があります。その時代に最もよく使われたアサルトライフルとマシンガンを撃つ事が可能です。
f0095713_0212348.jpg

*彼(ら)は今回、南米より遥々来た取引先で、まぁ所謂アテンドだったんですけどねw

f0095713_020418.jpg

銃は全て抜けないように固定されてますが、ここで使用する弾薬の火薬量は100%。
衝撃も音もとんでもないです。
撃つ事が出来る銃は、M16(604)、AK47(ソビエトです。カラシニコフです。7.62mm口径です。強烈です。)、
AK47S/CARBINE(カービンっすね)、M1ガーランド(やはり8発・全弾撃たないとマガジンを交換
できません)、KALIP?(これは撃ってませんが、初めて知りました。。)等。
最後の最後で銃を触り、改めて戦争の脅威と恐怖を味わいました。

f0095713_0475585.jpg

最後に、可愛いサンダルから大人のサンダルまで、これは当時、米軍の車両を破壊した後に
奪ったタイヤを原料に作っていたそうです。

彼らが自然の中に生き、溶け込み、そして支配している様がよくわかりました。
何故、戦争に勝利したのかも・・


PENTAX *istDS Voigtländer Apo-Lanthar 90mm F3.5 SL Close Focus
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)
Cu Chi Tunnel / Saigon

[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-06 23:30 | その他  -Other-
2007年 09月 03日

Tokyo > Vietnam

f0095713_2135306.jpg




しかし今年の夏は暑かった・・最近ようやく落ち着いた感じもありますが、以前暑いですね。
今回弾丸ツアーに近い海外逃亡を終えましたが、サイゴンの方が涼しかったりして(汗
又、後日興味深い内容をレポしますw


PENTAX *istDS Voigtländer Apo-Lanthar 90mm F3.5 SL Close Focus
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2007-09-03 21:35