Unforgettable Days

alaskav50.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 27日

Fly Fishing 雑談 PartⅡ

先日の勝手な雑談の続きです。
前回までは、フライは一度に沢山の事を同時に・・というところまで独り言をほざきました。(笑

今回はキャステキング(投法)についてですが、ある程度の練習と感覚を覚えた後、次に疑問が湧いてくるのが、どうやって水面上を流すか・・ここも話し出すと尽きませんし、私もまだまだ未知の世界があるのですが、簡単にご説明を。

フライはフライラインと言われる中空のチューブ状になっているラインを指し、これは水面に浮くラインと沈むラインなどがあります。
深く掘り下げると色々あるんですが、簡単な考え方としては浮くライン=陸生・水生昆虫などのフライ、沈むライン=小魚(ストリーマー)・同じく水生昆虫のフライ等を投げる為、泳がす為にその釣り方を変えていく方法があります。
f0095713_1563789.jpg

リアルな昆虫を作る為に編み出された数々のフライがあっても、それが川の流れや湖などをリアルに流されて(泳いで)いく様子を作り出してやらなければなりません。(これに関しても、次回(あんの?)に色々お話しする予定です。

特に私が愛して止まないイワナやヤマメは特にこの動きに敏感ですし、その殆どがちゃんと判断し、的確に見て捕食しています。
まぁその日その日、時間時間で捕食するフライは様々です。例えば蚊やユスリカ(モスキート)であったり、カゲロウ(メイフライ)、であったり、又捕食するステージ(成長段階)によっても様々ですが、仮に幸運にも捕食しているターゲットが何であるかがわかるとします。
でも、いくら投げても一向に釣れません・・ちゃんとそのフライを食べている事は確かなのに・・なんていう経験を始めた頃は特によくしました。(モチ、今でも度々・・汗

そんな!おかしい!何故だ!って・・(笑

答えは色々あると思います。例えばフライが似てないとか、フライサイズが捕食しているサイズとマッチしていない、フライの色が違うetc...でも、今回はキャスティングの戯言ですのでそこに視点を持っていくと、フライが不自然なドリフト(Drift=流れ)をしている可能性が大きいです。
自然に流す。つまりナチュラルドリフトしている様子を作り出してやる事が一つの解決方法と言えますね。
でも簡単な様でこれが難しい・・(汗

f0095713_2351373.jpg


間抜けな絵で申し訳ないですが、要はこんなイメージです。
矢印は川の流れ方向、濃い青は流速がある流芯部、薄い青は流芯脇の緩やかな流れ。
緑がターゲットになる魚で、赤がフライ。
黄色と灰色はラインの動きです。

そして、ターゲット上の魚は、大方早い部分と緩やかな部分の境界にいる事が多いです。

この場合原理は簡単ですが、ラインを流れに対して真っ直ぐに投げると灰色のラインの様に流速が早い部分が先行し、フライは先行している流れと同じ速度で流れる(引っ張られる)事になります。

と、魚君もバカではありませんので、当然緩やかに流れる場所なのに、流れる速度が明らかに不自然なフライを見つけても、殆どの魚がそのフライに食いつく事は無いでしょう。

あ、こりゃ偽物だってバレちゃうっす・・(多分そう魚君が言ってる気がします。笑

では、黄色のラインの様に意図的に左側に膨らみ(ループ)を作って流した場合はどうでしょう?

これも簡単な事ですね。勿論ラインは流速の早い部分が最も早く動きますが、それが真っ直ぐになり、灰色のラインの形になるまでに時間(ラグ)が出来ますよね。
この間、フライは緩やかな流れを流れたまま不自然な動きをすることも無く短い時間ですが停滞させる事が出来ます。
この時間を如何にして長くするか、どう投げたらそうなるのかを考えて振るのが、一つのキャステキングの面白さでもあると思います。
しつこいようですがこれはあくまでほんの一つの例で、手前の境界線を釣る場合はこんなテクニックは不必要ですが、なかなかどうしてこういった釣り人が立ち込みづらい対岸に潜んでいる事が多いんですよねぇ・・(苦笑
f0095713_095283.jpg

じゃ、テンカラ師はどうするのかって?
テンカラ師は元々長尺の竿を持っていますんで、竿の長さを利用しています。勿論いきなり行ってそう簡単に釣れる訳では無いんですが、主にはここに違いがあります。

とはいえ、最初はやはりキャスティングと基礎をマスターする事が先決ですし(はい、頑張ります。 爆)、先ずは管理釣り場(カンツリ)で練習しながら楽しむのも面白いかと思います。

又、思い立ったら色々書こうかと思いますw
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-27 00:16 | FF雑談/釣り-Fly Fishing-
2006年 08月 20日

仙台七夕まつり

すっかりと更新が遅れてしまいました。

先日からの旅の最終日と、今回の一つのメインイベントでもある仙台七夕まつり。

いやぁ凄かったです・・人、人、人の間に人。(笑
商店街を埋め尽くす竹飾りはとても大きく、且つその飾りと人ごみで前が見えないんだから、余計に凄いです。

なかなか撮れる場所が無かったんですが(人に流される為)、隙を見て一枚。

f0095713_25599.jpg


一生懸命撮るおぢいちゃんが、何だか可愛いです♪

                                PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Pancolar 50/1.8

*使い手が悪いせいもありますが、最近ようやく馴染んできたこのパンカラーですが、直線的な路地や奥行きを出したい様な時には、個人的に凄く好きな構図の写真が撮れるレンズで、大変気に行ってます♪
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-20 02:07 | 人々  -People-
2006年 08月 08日

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所

一夜明け・・

この日も早朝3時起きで作並温泉脇を流れる広瀬川と支流となる新川川(にっかわがわ)へ朝マヅメの釣りに出掛けました。
f0095713_232404.jpg

釣果は散々でした・・ポイントポイントごとに良い流れも多いんですが、入渓点がイマイチ掴めずというのと、カミさんも張り切ってついてきたので、いつもの急な崖を降りる様な荒業も使えずというのもあり(それでも写真にUPするのも恥ずかしいようなヤマメ2匹が、新川川ではHITしたんですけどねぇ・・)さらにそこは夏の渓流。かなり水は渇水していて魚に掛かるプレッシャーも強かったんでしょう。
いや、そういう言い訳でシメるのも何ですが、次回に期待です。(笑) 但し、いつもながら綺麗な水でした。

宿に戻り飯をやっつけた後、支度をして作並からすぐにあるニッカウヰスキー・仙台工場を見てきました。
f0095713_23251170.jpg

f0095713_113321.jpg

いやぁシュニチルさんNIMUSさんを初め、今はプチ蒸留所ブームが巻き起こってますが(笑)、何処の工場も雰囲気と歴史があって、とても落ち着く蒸留所が多いですね。
f0095713_23302370.jpg


早朝釣りにも出かけた新川川は、このニッカのブレンドの為に重要な清流で、地元では放流事業等も手がけている事は以前から知っていましたが、訪れるのは初めてです。
取水付近では、自然を活かしたままのチョークストリーム的な流れを作り、本当に雰囲気もあって綺麗でした。真面目にこんな川が全国何処でもあって欲しいと切に願いつつ・・

私、てっきりこの新川川の名称から取ったものがニッカウヰスキーなんだと思い込んでおりましたが、全然違うんですね・・(汗
当時、ニッカブランドの前身である大日本果汁株式会社。このブランド名を略して「日果」と呼んだ事に由来があるそうです。
しかも、よく考えたらニッカの元祖は北海道余市(「余市」って幼少の頃からCMも散々見てきてますねw)・・新川・・全然関係ないぢゃん・・(爆

アサヒビールの子会社になった事は記憶に新しいですが、その製法や伝統は今でも変わることなく作られているそうです。見学も無料で出来ますし、試飲も出来ますので是非。
f0095713_2354122.jpg

今回、お土産として買いたかったのがここでしか買えないと言うシングル・カスクです。(度数調整をしない、単一の樽から出したシングルモルト)グレーンウイスキーも生産している工場ですが、やはりあの銅製ポットスチルで蒸溜され、オーク樽で熟成されたあのカスクが、無粋に加水される事無く味わえるのは凄く貴重だなぁと。 (写真は25年物・54%ですが、今回買ったLOTは、10年物のArc.61%でした。25年物・・高すぎ・・笑)

午前中はここでじっくりお酒のお勉強をしつつ、午後からは仙台市内へと向かいました。
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-08 23:55 | 都市・街  -City-
2006年 08月 07日

裏磐梯・中津川渓谷

f0095713_23322386.jpg

深い谷間を抜けるジン・クリアな流れ。

阿賀野川水系になるこの中津川は、このレークライン中腹地点の名所ですね。

谷間までは駐車場から徒歩で約10分で降りる事が出来ます。(モチ、無料です。)
f0095713_23391625.jpg

結構山歩きに慣れない方はシンドイと思いますが、そのご褒美としてマイナスイオンをこれでもかと言う位浴びる事が出来ます。

ずっと撮ろう撮ろうと思っていたんですがなかなか出来ませんでしたので一枚。
これ、水の中から空を撮ってるんですが、あまりにクリア過ぎて何の変哲も無い写真に。(爆
一応、これで水深40cm-50cm程度から撮ってます。
f0095713_23413253.jpg

これからもっともっと遊べそうなカメラです。

取り敢えず、今日はこの2話でおしまいとします。

                         
PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena flektogon 2.4/35
PENTAX Optio W10
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)
    


またまたつづく
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-07 23:47 | 自然  -Nature-
2006年 08月 07日

福島・喜多方。

FF雑談PartⅡは後日にUPするとして(誰も期待して無いですね・・笑)、先週末は東北へ遊びに行ってきました。

スケジュールは家族で事前に決めていったんですが、あれもしたいこれも見たいあっちもこっちもって・・あの・・1泊2日で運転手は自分なんですけど。(汗
すっかり東北も遅い梅雨明けの予報と共に、いざみちのく街道へと出かけます。めざす最終目的地は仙台です。

しかし今回は釣りメインではないのと(でも道具はちゃんと。笑)、家内のお義父さんも一緒に(お義母さんは急遽お仕事で今回は見送り・・)同行という事で、久々にゆっくりと朝も出かけます。
そうは言っても週末。あちこち混み出すし渋滞は大嫌い・・・と言う訳で最初は裏道を抜けて高速まで取り付くのですが、その際に偶然にもHIROさんが柏付近の森の中で迷っておられました。(爆

それは冗談・・詳しくはこちらへ
VAC&HENTAXって相変わらず凄いですね。方々にメンバーが散らばっております。(笑
私と家内で被るように、

「あ!今の絶対HIROさんだ!」だって・・爆

思わず100m高速バックかましつつ、ご挨拶だけしてきました。何やら、これから怪しい密談が開始される模様で・・むふふ♪ (・ω・) (←またまたHWさん風

早速、東北道に取り付き北へ。
久しぶりに、いやぁ本当に久しぶりです。こんなにど真ん中の時間帯に行動するのは。日中の東北道って、溢れかえる車で凄かったです。
1時間半以上予定をオーバーし13時ジャストに目的地の喜多方へ。
f0095713_22591554.jpg

何たって昼飯と桧原湖周辺のドライブの為にワザワザ立ち寄るんだから、人使いの荒い忙しいスケジュールです。
以前立ち寄ってからというもの、シンプルさと深い、深すぎるスープが売りの喜多方ラーメン、なまえ食堂に。(注:食堂なまえという店もありますが、そことは別の場所です。)
相変わらず辺鄙なというか奥まった場所にあるにも関わらず、絶えずお客さんがきてました。
迷わずにオーダーした、極太手打ちラーメン。
f0095713_2352157.jpg

うーん・・相変わらずスープが最高ですし、私は太麺はあんまり好みではないのですが、その中でも唯一の部類に入るお店なのは確かです。 しかし旨い!
一つ気になる事があるんですが、最近のオネイサンは上品ですね。たまたまお2人の方と合席になったんですが、私がオーダーする前に食べていたラーメン、私が食べ終わっても未だ食べていらしてましたよ。(すげぇ嫌味・・ 爆
これが下町なら絶対、後ろからオトッツァンにぶっとばされるアドバイスを貰っているはずです。

#まぁ自分もそのオトッツァンとほぼ同類と言う事で、結論、自爆と言う事で宜しいでしょうか・・(爆

そして喜多方周辺を車でサっと周りつつ、磐梯吾妻レークラインへと向かいます。
f0095713_23163898.jpg

レストハウス付近で見る秋元湖。

やっぱり、ドピーカンだと撮り辛いや・・(悩

このままの勢いで、連続UPへ挑みます。(笑

                               
PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena flektogon 2.4/35
PENTAX Optio W10
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)
    


<つづく>
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-07 23:19 | 都市・街  -City-
2006年 08月 01日

Fly Fishing 雑談 PartⅠ

最近、ちょっと仕事も忙しく、フラストレーションが溜まりつつありますが、そんな時にスパッと車で数十分行けば湧水の流れる渓流・・・
なーんていう環境に無い自分は、昔からそうですがタイイングでその場を凌ぎます。

さて、書く機会があれば、素人ながらフライフィッシィングとは何ぞや?という事を、偉そうに説明・・なんて言うのはとてもとても恐れ多いので、ごくごく簡単に、雑談的(独り言的?)に話でもしようかと思います。

先ず、私は小学生の頃から釣りが好きで、主に親父や友人の影響が大きかったと思います。
管理釣り場からスタートし、湖、そして本渓流で釣り出したのが小学校高学年の頃、餌釣りからはじまり、ルアー、テンカラ、鮎少々、そして今のフライに行き着いてます。
海釣りもちょくちょく行きましたが、圧倒的に渓流の方が多かった気がします。幼少の頃は親父の職業柄転勤も多く、比較的山合いにいて、ガキの頃から野山を駆け回っていたという事も原因の一つなんでしょう。(笑

まてよ・・そう考えると今29歳(しかも今日でw)・・11歳からやってるから釣り歴は18年って・・何か凹むなぁ・・(泣



#そんなどうでもいい事はさておき・・



フライフィッシングとは、その名の通り「Fly」(主に昆虫)の事を指します。日本語で言えば疑似餌とも良いますが、古来より日本はテンカラと言われるFlyFishing同様(似た)、疑似餌(毛バリ)を使った釣りの技法があり、こちらはリールを使いません(竿と糸)。 歴史も異なりますが古くは17世紀後半からあったようです。(聞いた話ですが。 笑
そこで、まぁそこは海外から(主に発祥はヨーロッパ、アメリカで熟成された)来た釣りですので、敢えてフライと言ってます。(笑
f0095713_23514719.jpg

さっき書いた「タイイング」とは、英語「Tying」、直訳すれば「繋ぐ」と言う意味になりますが、意訳すれば巻き付けるという意味合いの方が正確だと思います。
フライの材質は様々で、ニワトリ、ウサギ、ターキ-、ベアー、グリズリー、カラス、エルク、ムース、ピーコック、ウール、その他化学繊維・・とキリがありませんが、要は主に動物の毛や羽を使い、虫や魚に見立てて形にしていくのが特徴です。
フライの中には、百年前から殆どその姿を変えることなく、現役で魚を騙し続ける優秀なフライや、最新のマテリアルを使った斬新な物まで、とにかく無限大です。

フライの魅力は、その釣り方にもあると思います。そして直感やストラテジーが必要な釣りでもあると思います。
そんな事を言うと、「なんだ!他の釣りだってあるわい!」と叱られてしまいそうですが、フライに関しては兎角そういった所が取り沙汰されるのは、そのマニアック性ゆえに謳われる事が多いです。(笑

時に、フライってどんなの?と聞かれる事もあります。これが「カメラってどんなの?」と聞かれている事と同じく、一番回答に悩みます・・
勿論、それを野郎に聞かれてもまともに答えませんが(爆)、可愛い妹に聞かれれば、先ずこう言います。この映画見たことある?って。
f0095713_23263510.jpg

そうですね。あの若かれし頃のブラピが出演しているリバーランズスルーイットです。(笑
ま、それ以上話しても7割は(いや、9割かな)シラけるだけなんで、妹の場合はそれで話は終了なんですが。(爆

#閑話休題。(汗

フライをこれから始める方にとって一番の難関になるのは、キャスティング(まさに上のポスターの様に)と言われる「投げの技法」(和的に言うと調子狂うな・・)をある程度マスターしない事には次へ進めません。他の釣りをされている方にとっては、例えばラインやティペット(糸と糸や糸とフライ)等を結ぶ事は容易でも、これだけは練習以外方法は無いと思います。
しかも、他の釣りと決定的に違うのは同時に考える事がもの凄く多い事です。マッチする毛鉤はどうか、キャスティングの障害になる物は無いか、ポイントに投げるにはどうすれば良いか、余ったラインの処理は?どう毛バリを流せば良いのか、ストーキング(魚との距離を詰める)は問題無いか、ライズは?流下昆虫は?等等・・簡単に片付けてしまえば「面倒な釣り」なんですが、そこに喜びがあるという釣りでもあります。

まぁ取り敢えず今日はこの辺で・・(いきなり終わるらしい。 爆


ともかく今の心境は、
f0095713_23321976.jpg

釣りに行きたいぞゴルァ!!という事です。


海でも川でも行きたい・・と言う訳で、銀ちゃん海釣り講座も勉強したいんで開設して!(爆
[PR]

by alaska-v50 | 2006-08-01 23:57 | FF雑談/釣り-Fly Fishing-