Unforgettable Days

alaskav50.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 29日

長野釣行 2日目 ~季節はすっかり夏?春?冬?~

夕べ遅くまで夜更かししたのも束の間、容赦なく朝は来ます。(笑

天気は引き続き晴天。

早朝、逸る気持ちを抑えて川へ車を走らせる。

・・・・さすがに本流の増水は1日2日じゃ収まりそうも無い。が、先日よりも濁りが無くなり、水量も随分と減っている。随分と状況が良くなったように感じた。

そうは言っても、未だ衰えようとはしない大きなゴンゴン本流は攻めずに、朝の作戦を練った後、今回は別の師匠2名と、とある場所へ同行させてもらう事にした。

車で小1時間、目的地に到着。
標高は確かに高いが、ここいらは里山。 

辺り一面は周辺は大量の山菜が湧く様に生えている。今はこごみ、たらの芽にこしあぶらがシーズン。 少し遅い春。

食いたい!!という気持ちは山々だが、山菜採りの入山料は払っていないので、横目で見ながらさらに山奥へ進む。

・・・ん?・・未だあちらこちらに雪代が残っている。光が当たっている部分でさえ分厚い雪で覆われている。 今年降った豪雪の凄まじさを少しだけ感じたし、これだけの萌木と山菜と雪・・冬と春が入り交じっている何とも言えない光景。

f0095713_2219199.jpg


数十分歩いただろうか。日差しは思ったよりも強く、汗も出てきた・・この日差しは・・夏?
暫くして目的の場所へ到着。結構文章で書いてしまうと簡単だが、ところどころ崩落やぬかった傾斜している地面を這うように歩いたので、正直疲れたっす・・(苦笑

到着と同時に、水温計をぶん投げてタバコを一服。
f0095713_2226522.jpg


水温は9℃。思ったよりも暖かく、魚が何とか活性してくる温度帯。
周りはユスリカがそこらじゅう大量に孵化している・・否が応でも期待は高まる。
ここは辺りが止水になっていている為、魚に対しても相当な神経を使う。ボチャッとでも踏み入れようものなら、あっという間にイワナは釣れなくなる。

湿地帯のようなぬかった足元を気をつけながら一投目。付けているフライは#16のニンフにインジケーターで対応。さすがにワンチャンスを逃したくは無いので、ここはアウトリガーは止めてインジケーターを久しぶりに使用。

・・・・反応なし。

再度、狙っているポイントにキャスト・・ビーズヘッドニンフがゆっくりと水面から姿を消したその瞬間、インジケーターが画面から一瞬で消えた。

デタッ!!!

いつもの事ながらこの瞬間は頭が真っ白になる。
十分にファイトを楽しんだ後(と言ってもイワナは得てして意外にあっさりと釣れてくれちゃうのですが・・)、ランディング。

f0095713_22343983.jpg

f0095713_22372937.jpg

ヒレピンの絶品岩魚。 ヒレ周りの白い帯はまさに、天然の証拠。

暫く眺めて写真をとった後、ゆっくりと離す。 少し戸惑い、止まり、動いたかと思うと、ゆっくり深みへ泳ぎ、ある所まで行ってスパッと消えた。

岩魚君にとってはもうゴメンでしょうが、また次に来た時に遊んで頂戴!という願いも少し込めて(笑

その後も暫くあたりも楽しみ、全く別のポイントでも数匹、岩魚と山女魚と遊べた。
f0095713_22422036.jpg


この辺はさっきも書いたが湿地帯。ところどころに定番の花が沢山咲いていました。
f0095713_22434564.jpg


f0095713_22472539.jpg

帰りがけに跨いだヤブ沢。未だ水が多いッス・・・とはいえ今日は宿へ帰り、温泉に浸かった後に飲むビールは、間違いなく絶品のはず。(笑

           PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
            (Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-29 22:49 | FF雑談/釣り-Fly Fishing-
2006年 05月 28日

長野釣行 1日目 ~NEW BMW ALPINA B5 な一日~

先週の週末は仕事の合間を縫って長野へ久しぶりの釣行。

出発前から勇み足だったんで、300kmの運転も何のその。(笑
f0095713_22363037.jpg

しかし、生憎当日は午後から快晴にもかかわらず前日より降りこんだ雨で本流はどこも増水・・



入れそうな沢を2-3攻めて白馬のいつもの宿へ。(初日、釣果は散々。 笑)
毎回、フライ仲間が集まって、昼は各々釣り、夜は旨いイタリアンと酒を呑み喰い、遅くまで語らうと言うパターンです。

---少し早い夕方。

宿に着いた時には既に、数台到着しているようです。 その中に一際目立つB5の姿。
(あれ?もしかして△○師匠、古い型から買い換えたのかな・・(汗 )

NEWタイプは始めて見ました。うーん・・痺れます。

f0095713_14542767.jpg


到着と同時に、私が子供の様に眺めていると△○師匠、

師 「久しぶり。中で既に一杯やってるよ。」

・・早いってのに。笑

F 「あ、私タバコ切れてた・・コンビニで買ってきます。しかし凄いっすねこれ。」

師 「え?・・まぁ別にね・・(凄くどうでもよさそうに)」 

一つ間が入って、

師 「悪い。丁度自分のタバコも無いや。買ってきてくれるかな?」

F 「ええ、勿論良いっすけど。」

師 「そんなに車好きなんじゃ、タバコ買うついでに、小1時間運転してくれば?ホイ。」

と、キーを投げる師匠・・

F 「え・・いや・・でもこんな車傷でも付けたら・・」(←ちょっと嬉しいクセに

師 「わはは。廃車にさえしなきゃ構わんよそんなの。」

・・・車もさることながら師が一番恐ろしい・・汗

車に乗り込み、恐る恐るエンジン始動・・って・・エンジン何時始動したのかわからない位静かです。

f0095713_1515615.jpg


B5は4.4l V8・510PS/375kWの強心臓の持ち主。 もっとグワワァァン! (・Д・)ナヌ!
みたいなの期待してたんですけど。(汗汗 しかも走行距離は1000km弱って・・

ゆっくりと動かしながら先ずは近くのコンビニへ用事を済まし、エンジンが暖まってきた所で周辺を徘徊。(笑

しかし踏み出しから重さが無いのには驚きます。ALPINAのサイトから抜粋すると・・

1000rpm、つまりアイドリング回転数をわずかに超えた時点で、既に30.6kgm(300Nm)を、4250~5250rpmでは71.4kgm(700Nm)を発揮するのです。

って、既に30kgm超えただけでも普通に走る車の部類っすけど・・

快調・快適に白馬山麓を走り、折り返し地点で数枚。

f0095713_15133675.jpg

一台一台にシリアルNo.が付くスペシャルな一台ですね。オイラのも自分で作ったろうかいな・・(爆

f0095713_15153739.jpg

f0095713_15163393.jpg

f0095713_15433496.jpg

あ、ボンネットちゃんと閉めるの忘れt・・・
f0095713_22414779.jpg

再度、人気のない山道をグングン下り、最後に平坦な直線でアクセルを少しだけ(と言っておきます。爆)開放。

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!! 

・・うまれて初めてでした・・自分で踏んだアクセルにてめぇで悲鳴上げてやんの・・(爆笑

非常にジェントルなこの車ですが、時に羊の皮を被った・・ってヤツになります

最後にエクステリアを一枚。 本流も雪代がこんなに凄いと釣りになりませぬ・・泣
出来れば橋を取り除きたい一枚でした。(笑
f0095713_15245062.jpg


ま、初日はイマイチだった釣りも、このドライブでチャラになったな~と、自分なりに納得。(笑

(#この晩、たくさんの師に朝方まで呑みに付き合わされる事は、この時知る由も無く・・w)


  
PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
(Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)
 



■番外編追加UP■
DEKINGAさんが私の夢を叶えて、重機で橋を壊しちゃいました!(爆

f0095713_22412142.jpg

[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-28 15:36 | 車・くるま・クルマ  -Car-
2006年 05月 24日

料理メモ : 貢菜(苔干)

今回より、「料理メモ」なるワンショット物をやろうかと思います。(笑

旅先等で見つけた、又は食べた上で一番印象に残った物を調べちゃおうと言う企画です。

先ず記念すべき(してないけど)第一回目は貢菜。
中国では「苔干」と書くそうで、アザミ科の野菜の茎の部分を乾燥し、それを水に戻し炒めたという一品です。

f0095713_0161175.jpg


「貢」と書くのは読んで字のごとく、遥か昔、清王朝の頃には皇帝にだけが食される、言わば献上されていたことから皇帝菜とも呼ばれているんだそうです。

コリコリとしていてしつこくなく、酒でも飯でもどちらでも合う最高の料理でした。

昔の王も、この味に病み付きになったのでしょうか。

*因みに後日の調査で、日本国内でも通称「山くらげ」という呼び名で売ってるみたいです。

作り方は簡単。乾燥した貢菜を水に戻し、水をしっかりと切った後、ニンニク、塩、胡椒、油等で味を付けていきます。
何となくですが、味付けは台湾料理の空芯菜の炒め料理に似てる感じがします。

日本でも、居酒屋なんかにあったら思わず頼んじゃう一品と言う事は間違い無さそうです。

           PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-24 00:18 | 食    -cuisine-
2006年 05月 15日

ヒコウキグモ

果てしなく続く空。

f0095713_23252723.jpg


そうだ、来年パスポート更新しなきゃ・・と10年間頑張ってくれたパスポートを改めて見返す時間。 

1997年だって。早いなぁ~(笑泣

         
DATA : PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
            (Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)

[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-15 23:27 | 自然  -Nature-
2006年 05月 10日

Bask in the woods・・・

すっかりと寒い季節は終わり、毎日が春を過ぎて夏へと加速を続けています。

皆さんのGWは如何でしたか?

周辺のあちらこちらで大混雑をしている最中、実は隠れてのんびりと森林浴に行って来ました。
ここは誰もいない、私だけが知る森。

f0095713_131596.jpg


ここにはいつもながら、本当に人はいません。
初夏を感じるような強い日差しをも、十分に吸収してくれる木漏れ日の森。
辺りを見渡すと、木々もようやく花を付け始めていました。

f0095713_1312421.jpg


新緑の木々を眺めていると、こちらまで癒されてしまいます。

f0095713_1321169.jpg


いや~ここまで来て良かった。

こんな木陰にいると、誰しもが眠くなっちゃいますよね。

f0095713_1324575.jpg


木々も隆々としていて、大木が樹齢を感じさせてk・・・・ん?

f0095713_133749.jpg


(*´゚ё゚)!!
© 2005・ Mr. iR All Rights Reserved

私は今までこんな大きいタバコに出会った事がありません。(←そうじゃないだろ。

失礼しました。
タイトルを 「Japanese Bonsai」 と名付けるのをうっかり間違えまして・・(汗

私はもんべさんに同じく、GWは実家でゴンちゃんでしたよ。

で、この森ですか?・・当然、誰も知る由も無いですよねぇ~・・・(笑

        DATA : PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
           (Developed by SILKYPIX Developer Studio 2.0)
[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-10 00:12 | 自然  -Nature-
2006年 05月 06日

Fox Fire - Photrek Tote Castor -

歴史があり、今でも第一線でその使いやすさに定評のあるマウンテンストリームベスト、ドロワーズベスト(今はⅡですね。自分はボロボロですがⅠ愛用者ですw)など、FFのウェアに関しては高性能を持つFoxfireシリーズ。 非常に息の長いメーカーです。(販売元:TIEMCO)

ある日の事。先日Whitewildさんが、バックの選択肢で悩めるHENTAXな部員様と、ブログ上でのコメント見ていると、「・・Foxfire・・・選択肢の・・」という文章の部分が一瞬、目をよぎりました。

Foxfire!? あの!?

まさかと思いサイトを見ると・・ええ!?こんな事やってたの!?

ってな具合で慌てて2006年カタログを引っ張り出すと・・

f0095713_134363.jpg


思いっきりあんじゃん・・orz (爆)

いけません。ええ、人は興味のあるものだけに見がち、動きがちです。このカタログを貰った時は、FF関係のグッズばかりチェックしてましたよ・・誠にいけません。(笑)

シロちゃんって凄いなぁ~・・

なんていつもながらその知識に感動しながら・・さて、バックの紹介です。(買ったんかい!爆

f0095713_181968.jpg


しかも、私も大好きなオレンジ。(*チャコールもあり)
写真は、今日遊びに行った、とある武家屋敷の縁側で一枚。
カタログのコンセプトによると、「カメラバックに見えない」をテーマに、プレスの方が使用しても仕事感の無いようにという目論見だそうな。

質感もバッチリでしたが、気に入ったのはこのカストルのサイズ。これ弟分であるポルックスというタイプもコンパクトでよかったんですが、いつも持ち歩くタバコ・携帯・携帯灰皿やペンやら何やらでいつも持ち歩く物が多い私にとっては兄貴分のサイズがジャストフィットでした。

早速最寄の某店へ行ったのですが、店舗在庫はラスト1個。即決でしたw

カタログでは見れないんですが、中はこんな感じです。仕切りがマジックテープでスライド出来、大きさ調整が可能です。(勿論全て取り外してトートバックにも使用出来ますし♪)
f0095713_1313777.jpg

カタログ上の表記はボディー(CANON EOSKiss)+70-200mmクラスと交換レンズ2本収納可能。今あるM42レンズ君たちなら若干小さめですので、余裕で入ります。(49-52φで短いレンズならば、おそらく6本程度までは可。)

何はともあれWhitewildさん、素敵な情報有難うございます!

又、おでかけするのが楽しくなっちゃいました。
[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-06 01:32 | その他  -Other-
2006年 05月 03日

MOTHER FARM

先週、お天気の良かった日曜日は、マザー牧場へ行きました。

前日に降った雨のせいもあってか、翌日晴れた朝はとても気持ちが良かったですよね。

f0095713_0314498.jpg


マザー牧場。うんと前に来た記憶はあったのですが、こんなに広かったっけ?(汗)

勾配もあるし、ちょっと未だヨチヨチ歩きの子連れで全部を回る事はちょっと不可能かな・・

餌を強請るヤギさんにも動じず、相変わらず怖い物無しのチビ。
f0095713_0335266.jpg


f0095713_0344212.jpg

瞳の中に写る自分はご愛嬌。何か私、直立して撮ってますね。(笑)
いたずら好きなこのお馬さんは、私の腕をこの後噛みました・・(結構、痛かったかも。


ブタの周りに人が見に来るんだけど、皆さん揃って「臭い臭い」と連発。豚さんほど綺麗好きな動物はいないって、ムツゴロウさんは言ってたぞ。それに、ウマイウマイって喰ってるのに、人間って酷いなぁ・・と言われている事も思われていることも、全くお構い無しで爆睡のご様子。

f0095713_0394134.jpg


そうそう、牧場に来たらやっぱりお弁当でしょう。
f0095713_0405621.jpg


定番だけど、毎回強く要望する「鶏の唐揚」と「梅」&「鮭」おにぎりを目一杯頬張ります。
何でおにぎり+唐揚げって、こんなに合うんでしょう? 
f0095713_0483054.jpg


産まれて初めて履いた靴。どうも気になってる様ですが、気に入ってくれたかな?
f0095713_0494548.jpg


程よくして、お腹も一杯、ポカポカ陽気。みんな芝生の上でうたた寝しちゃってる間に狙っていた花の写真。こういうタイプの花って、準マクロで撮るとどこいらにFOCUSすれば良いのか、悩みますね。今後の楽しい課題です。
f0095713_0521034.jpg

何となく気になって一枚。
f0095713_0532361.jpg

ミツバチが、花粉を一杯付けてお仕事中です。
f0095713_0535372.jpg


朝早くから夕方まで遊んじゃいました。帰り道もナビを駆使して渋滞も回避できたし。最高の一日でした。牧場、もしかするとはまりそうな・・・「牧場沼」って単語は、HENTAXで新規登録できますか?(爆)

今回は持っているレンズ、全部使ってやりました。

DATA : PENTAX *istDS Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35
                    Zeiss Jena Pancolor 50/f1.8
                   SMC DA 18-55 f3.5-5.6

[PR]

by alaska-v50 | 2006-05-03 00:58 | 自然  -Nature-